のれんで表現できること

のれんのたれ(スカート加工)のメリット

Noren-Orderのれんは街頭や店舗の面前で使われることが多いので、製作する時には当然
天候の影響を考慮する必要があります。

天候の影響

四季ある日本は台風大国でもあるので、津々浦々で毎年数個は必ず
上陸する気候である点に思いを馳せれば風雨などの悪影響を
出来るだけ排除できる機能上の工夫を加えたいところです。

しかしのれんは全体の四隅に至るまでが広告媒体の役割を担っており、
目立つ加工はデザイン性を損なう危険と常に背中あわせになっているのです。

安定性を確保するために考えられるのは自重を持たせることです。
しかし風にたなびく様も指摘宣伝効果の一翼を担っている以上、あまりに重量感があると
持ち味が失われてしまう恐れがあります。

そよかぜに吹かれて、風を視覚化するかのようなしなやかさ、には日本独自の
美意識が反映されているとも言えるからです。

それでは生地選びの段階で、雨水にも強靭な素材を使用することももちろん大事ですが、
薄い厚みでしかもある程度の表面積を持つ基本仕様の持つ宿命として、生地選びだけで
自然の影響を最小限に止まるにも限界があります。

生地選び

そこで先人たちが考えたのが、前たれをつける事にあります。
これはのれんの下端に垂直方向で生地を付け足して、隙間風を防止すると言う加工になります。

前たれをつけるのことの具体的メリットは、建物の壁面などにぶつかった風が
跳ね返ることで発生する、下方向から上方向に吹き抜ける風の物理的影響を
弱めることが出来る点にあります。

前たれにあたった風によるめくりあがりや、破損のリスクを抑制することが可能になる訳です。

のれんの生地に対して垂直方向でわずかにせり出すだけなので、安全性も問題なく
審美的にも目立ちません。

加工を行っても違和感なく道行く人々に訴求力を維持したまま、雨風などの
悪影響に強いスペックを実現することが叶います。

のれんを製作を依頼するときには、とかくデザイン性に目が行きがちですが、
実際に設置した後も長く訴求力を発揮できるだけの機能性を与えることにも注意して下さい。

人が無意識にとる行動を分析|行動心理学における○○効果

サービス業で稼いでいる業者など来店客によって店舗の運営をしている人間ほど人に心配りしなければならないものです。
逆に言えば人、特に心理状態を知っていれば利益をコントロールできるとも言えます。

実際にそうした人の心理に働きかける効果は様々あり、例えばアンカリング効果とは最初に提示された数字や条件を出し、
それを基準値のように脳へ刷り込ませる現象です。これはスーパーマーケットで行われている値下げ広告で行われています。

それからザイオンス効果は接触する頻度を多くする事で好感度や印象を良くしていき、相手の心を開きやすくする現象は
他者と信頼関係を築きたい時に有効です。

またバンドワゴン効果という無意識への影響も侮れないと言えます。バンドワゴン効果はサービスの利用者や商品の購入者が
多ければ多いほど、顧客1人1人の欲求や満足感、期待感などが高まっていく作用です。

例を挙げるなら「予約キャンセル待ち」や「完売」、「入荷待ち」といったように中々入手できない商品であれば
「欲しくなってきた」や「予約すれば良かった」など急に蒐集欲がこみ上げていくケースがよく起こります。

他にも「見てはいけない」と忠告する事で見る意欲を湧き上がらせるカリギュラ効果などです。